*

【洒落怖】対向車のライト

公開日: : 恐怖・怪奇

私が夏休みを利用して
父の実家近くの教習所に通っていた時の話。

進路の決まった高校生や夏休みの学生が合宿を利用して通ってくる、
いわゆる繁忙期の前に入校した私は、
ほぼ毎日学校に通い、
あっという間に路上での実習が始まっていた。

当然車に慣れたともいえないまま
他の運転手に混じり道路を走る五十分間は、
その頃の私にとって常に緊張と恐怖との戦いでした。

そして初めてのトンネルの走行時に、
私は有得ないものを見てしまったのです。

「昔はこの辺りも事故が多かったんやけど、
工事してからはもうすっかり」

道路開通に合わせて
数年前に対面から二車線に変えたこのトンネルは、
時間帯もあって車が通っている気配もない。

続きを読む

参照元:http://sharekowa.biz/archives/%E3%80%90%E6%B4%92%E8%90%BD%E6%80%96%E3%80%91%E5%AF%BE%E5%90%91%E8%BB%8A%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88.html
参照日:2020年8月1日 土曜日

関連記事

no image

【洒落怖】違うようにものが見える

大学時代の友人の話。大学卒業してからは交友も無く、既に連絡先も忘れてしまったくらいなんだが、先日『色

記事を読む

no image

【洒落怖】車中泊

俺は車中泊が趣味で、休みの前の日とか適当にブラーっと出掛けて車中泊をするという、他人から見たら何だそ

記事を読む

no image

【洒落怖】大好きだった祖父

祖父の事書きます。私は昔から祖父が大好きだった。恰幅が良く無口な人だか、情に厚く優しい人だった。その

記事を読む

no image

【洒落怖】夜中の散歩

夏の暑い日、試験勉強をしていたオレは息抜きの散歩と空腹を満たすために5分ぐらい離れたコンビニまで歩い

記事を読む

no image

【洒落怖】音が聞こえない恐怖

深夜、誰もいないビルに一人でいた事がありますか?薄暗い廊下で立ち止まると、ボーッいうような耳鳴りが聞

記事を読む

no image

【洒落怖】真夜中のバー

これは俺が小さい頃の記憶だ。その日、お婆ちゃんの家に家族で遊びに行った帰りの事だった。子供の時間感覚

記事を読む

no image

【洒落怖】非通知

登場人物は全員♀こないだの夜友人Aと会う約束をしていたんだが、待ち合わせの時間間際に電

記事を読む

no image

【洒落怖】一人ぼっちで歩く女性

20年位前のことになる自分の弟が友人2,3人と連れ立って、箱根ドライブしていたときのこと人気のない峠

記事を読む

no image

【洒落怖】適性試験

就活してたときのこと。適性試験ってあるじゃん?あれを練習ってことで大学の講義内でやる日があったんだけ

記事を読む

no image

【洒落怖】空き家なった元自分の家

子供の頃に住んでいた家は、現在住んでいるところから、自転車でわずか五分程度。近所に幼馴染みも一杯いた

記事を読む

【洒落怖】偽扇岩

山は身近な異界と言うけれど、確かに山登りをしていると、たまに妙な出来事

【洒落怖】小さな世界

自分の祖母は、小物を集めるのが好きだった。自分も雑貨好きなので、よく祖

【洒落怖】群生轢死

不思議系の話を一つ。確か小学生になったばかり位の頃。当時の記憶なんてほ

【洒落怖】奇妙なオジサン

幼少の頃、奇妙なオジサンと遊んでいた。俺が3歳か4歳くらいの頃だったと

【洒落怖】空中に挨拶

知り合いの話。彼女は山菜を採るため、近場の山へちょくちょくと出掛けてい

→もっと見る

  • スピリチュアル
PAGE TOP ↑