*

【洒落怖】お気に入りのワンピース

公開日: : 恐怖・怪奇

知人の祖母・Nさんが若い頃体験した話だ。

Nさんにはお気に入りの服があった。

生成り地に小花が少し刺繍された、
可愛らしいデザインのワンピース。

Nさんはその日も、
お気に入りのワンピースを着て買い物に出かけた。

そして帰宅後はすぐに着替え、
ワンピースをハンガーに通して鴨居にかける。

湿気を飛ばしてからしまう為だ。

そうしている内に、外出の疲れからか、
ついうたた寝をしてしまったのだそうだ。

しばらくして目が覚めたNさんは、
ぼんやりとあたりを見回した。

続きを読む

参照元:http://sharekowa.biz/archives/%E3%80%90%E6%B4%92%E8%90%BD%E6%80%96%E3%80%91%E3%81%8A%E6%B0%97%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9.html
参照日:2020年8月1日 土曜日

関連記事

no image

【洒落怖】夜逃げした

小学生の頃、親父が友人に騙されて破産し、夜逃げした。荷物は着替えが少しと背負っていたランドセルだけ。

記事を読む

no image

【洒落怖】古本屋

俺は小学生の時(から高校までずっと)、遠くの私立の学校に電車で通ってたので、地元に友達って一人もいな

記事を読む

no image

【洒落怖】友人の実家の近辺がヤバイ

友人Aの実家の話。学生時代に友人たちと旅行した時に、ちょっと怖い系の体験をしてかなりびびったんだけど

記事を読む

no image

【洒落怖】牛時参り

オカルトだと思うけど、幽霊ではなく多分生きた人間の話。十年以上前の俺が20か21くらいの時のこと。夜

記事を読む

no image

【洒落怖】神社のお姉さん

この話は中学一年の夏休み、よく遊んでいた友人と3人で肝試しをした時に体験した出来事その後なにかあった

記事を読む

no image

【洒落怖】僕のお母さんですか?

「僕のお母さんですか?」登校中信号待ちでボーっとしていると、突然となりの男が言った。当時私は20歳の

記事を読む

no image

【洒落怖】朝まで続いた足音

子供のころ家の二階で寝ていて、夜中に物音で目を覚ました。階段から誰かが上がってくる音で、部屋の前で止

記事を読む

no image

【洒落怖】鬼になった人

鬼になった人の話。文政十二年(1829年)、6月8日のこと。遠野南部藩からの命令で、この町で山狩りが

記事を読む

no image

【洒落怖】廃病院に落書き

中学の時、通学途中にネットでも出てくる割と有名な心霊スポットがあった。廃病院で、雰囲気はあるけど怖い

記事を読む

no image

【洒落怖】お婆ちゃん子

さとし君は小学三年生、大のお婆ちゃん子だった。学校から帰ると、さとし君はいつも二階のお部屋からお婆ち

記事を読む

【洒落怖】偽扇岩

山は身近な異界と言うけれど、確かに山登りをしていると、たまに妙な出来事

【洒落怖】小さな世界

自分の祖母は、小物を集めるのが好きだった。自分も雑貨好きなので、よく祖

【洒落怖】群生轢死

不思議系の話を一つ。確か小学生になったばかり位の頃。当時の記憶なんてほ

【洒落怖】奇妙なオジサン

幼少の頃、奇妙なオジサンと遊んでいた。俺が3歳か4歳くらいの頃だったと

【洒落怖】空中に挨拶

知り合いの話。彼女は山菜を採るため、近場の山へちょくちょくと出掛けてい

→もっと見る

  • スピリチュアル
PAGE TOP ↑